施工事例
  • HOME
  • 施工事例(タイル系外壁塗装)

タイル系外壁塗装

テスト洗浄。
上部アルミガラりからの伝い汚れが著しい。周辺区域への飛散を考慮し、弱アルカリ性洗剤を使用する。ガムテープで見切りを付けスポンジで洗剤を塗布、パットで研磨洗浄し清水で濯ぎ拭きを行う。

テスト洗浄終了。
上下との差異が明確に現れた。また、使用洗剤と洗浄方法が有効である事が確認された。

作業の状況。
作業工期の短縮を図るため仮設ゴンドラを導入する。作業は左から右へ展開している。

作業前後の比較。
ケージの左側及び上部が作業終了箇所。

タイル壁面の洗浄と並行して、窓ガラス上部のアルミパネルやサッシ部分も洗浄する。
本施工では濯ぎ拭きは行わず清水で十分に洗い流した。

作業下部では歩行者への二次災害防止のためバリケードを設置する。また、植栽への飛散防止のため、ブルーシートで覆い養生を施す。

建物角など仮設ゴンドラの吊元が確保できない部位はブランコ工法で作業を行う。

ゴンドラ工法に対し、ブランコ工法は足場仮設費が軽減できるメリットはあるが、1度に作業できる範囲が狭いため作業工期が長期化する。
また汚染が重度の場合、洗浄剤に強酸などを用いることがあるため、ロープの腐食などの問題があり使用できない場合がある。

別物件の施工例。
臨海地区の高速道路に面した壁面で、排気ガス(CO2,SO2,NOx)と海塩粒子(主にNaCl)が付着・堆積し、経年においてスケール化している。

ゴンドラの仮設作業。
屋上に吊元が確保できないため、笠木に自在フックを固定し吊元とする。

汚染が重度のため酸性洗浄剤を使用する。シャンプーで洗浄剤を塗布し湿潤・浸透・乳化・分散のケミカル効果により界面活性を促す。

ケミカル効果を確認後、パットで研磨洗浄を行い清水で洗浄剤を洗い流す。洗浄効果に不備がある場合は、繰り返しこの工程を行う。

作業の進行状況。
右から左へと作業は進行している。作業前後の差異がはっきりとわかる。
ケージには汚水の飛散防止のためネットを張っている。

施工完了。

電話:03-3261-4678 営業時間:9:00〜17:00 定休日:土・日・祝日

運営会社(株)共栄美装

〒102-0072
東京都千代田区飯田橋4-4-8
TEL:03-3261-4678
営業時間:9:00〜17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

SEO対策 大阪のホームページ制作会社、 SEM対策、HP作成、WEB製作会社ネットテン インターネットショッピングモール「emono eshop」。大阪を中心に全国のサイトを紹介